今、世間は某あおり運転の話題が挙がってますが、私も10年くらい前に経験があります。

残業で深夜に仕事が終わり、自宅が田舎のほうなので、夜の田舎道をトロトロ走ってました。
つい、眠気でうとうとしてしまい、急にクラクションが鳴って気付くと、私の車がセンターラインをはみ出し、対向車にあわやぶつかるところでした。

その時は無事で、すれ違って、やり過ごしたと思いましたが、先程の対向車がUターンして追いかけてきたのです。
後ろからパッシングとクラクション鳴らされ、横付けされ停まるよう言われました。

怖かったけど、言われた通りに停まると、車から男性2人が降りてきて、

「ねえちゃん、危ない運転して、詫びんかい!」

と怒鳴られました。
私は、車から降りて謝りましたが、これがいけなかったんです。
私は男性2人に、車に引きずりこまれ、1人の男性が私のストッキングを破り、パンティーをずらし、ぺニスをねじ込んできました。
まだ濡れてなくて少し痛くて叫びました。
しかし、ほとんど人も車も通らない時間帯で助けてくれる術はありません。

やがて、男性は、

「ねぇちゃん、気持ちええ~。」

と言ってすぐ、うっ!と言うと、腰を止め、私の中に射精しました。
えっ?うそ!と思ってたら、もう1人も入れてきました。
しかも、精液が潤滑油になり、1人目より大きなぺニスで、気持ち良くなってしまい、声を出すと、

「ねぇちゃん、犯されてんのに気持ち良くなったんか。エロいなぁ~(笑)」

と余裕の表情。
恥ずかしさと悔しさと気持ち良さが入り交じってトランス状態になり、思わず男性に抱きつき、2発目も中に受け止めてしまいました。
汚れたぺニスを口に突っ込まれ、舐めたら車外に出され、男性らは走り去りました。

私はしばらく車の横で座り込み、車に乗り込むと、二人の出した精液で濡れたアソコを触ってオナニーしてしまいました。
妊娠してたらどうしようとか複雑な考えが頭によぎりましたが、後日、生理が来たので妊娠は免れました。

今ならドライブレコーダーがあり、相手の車種やナンバーが記録されますが、当時はまだ無く、黒いワゴン車だったとしか記憶がありません。

しかし、未だに黒いワゴン車を見ると、アソコが疼く私がいます…

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル